街金と闇金の違い

街金とは何か・・・サラ金とか闇金とかそういったところと同じなのだろうか・・

ちょっと調べてみました。

街金とは、特定の地域でお金を貸している小規模貸金業者のことで、これは貸金業者の事務所が市街地(街中)にあることが多かったことで街金と呼ばれるようになったそうです。

一般に街金でお金を借りようと思った場合、特に資金用途は制限がありません。でもその分金利が高くなっているのも特徴のひとつです。 事務所に出向くか電話をするのが一般的で、返済については事務所に現金を持参するか、口座振り込みでの返済が一般的でした。

街金は2007年に貸金業法が改正されたことによって、利息制限法の上限金利以下でなければ貸付をすることができなくなったため、多くの合法的な業者は経営難に陥ったり、潰れてしまうことが増えたようです。

ただし非合法の業者である闇金については、世の中にニーズがあるため今なおその勢力は衰えていないのです。ニーズというのは、自己破産をしていたり、多重債務を抱えていたりと通常の方法ではお金を借りられない人を相手にお金を貸したりしているので。。。

基本的に街金と闇金は業務形態そのものにそれほどの違いはないです。一番大きい違いは「金融業の届け出をしているかどうか」これが一番です。合法的に営業をしているかどうかで闇金かどうが決まります。

もう一つ街金と闇金を分ける要素を見つけてみると、金主があります。金主というのはお金を貸すために必要な資金源のことを言います。

貸金業をするためにはお金を貸すためのお金を用意しないといけません。そのお金をどこから調達しているか、ここにも街金と闇金の違いが出てきます。 闇金の場合は銀行や信用金庫からお金を借りることはなく、いわゆる裏社会からお金を出してもらってそのお金を使って貸金業をしていることが多いと言われています。もちろん街金でも裏社会とつながっているところもありますよ。

こういった闇金に引っ掛からないようにお金を借りるときは慎重にしないといけません。

ちなみにこういったところは安心で安全だと思います。

参考・・・お金がほしい※即日融資カードローンで今すぐお金を借りる

お金を借りることがいけないことだとか悪いことだとかということは言いたくありません。それぞれ事情があるはずなので・・・

銀行でお金を借りるのが一番安心で安全なんだろうけど、銀行は審査も厳しいですし、すぐにお金が必要だっていう場合には、ちょっと融資を受けるまでに銀行だと時間が掛かってしまいます。なので消費者金融でキャッシングっていうのが一番手っ取り早いといいますか、利用しやすいと思います。その時に闇金やサラ金だけには手を出さない様にしてくださいね。

 

大きなおしりがコンプレックス。

私は身体の中でヒップだけが異常に大きくずっとコンプレックスを 抱えてきました。バランスがよくてヒップが大きいのならセクシーで いいと思いますが、異常にはり出していてそこから続く太ももにかけて とても肉が付いています。もう、どこまでがヒップなのか分からない ほどです。ある程度遺伝でもあると思います。私の父も四角く大きな おしりをしていますから。ぜい肉の問題もありますが骨格自体がもう 大きいのだろうと思います。もう、子供の頃からですから長い間悩んで きました。

ヒップが大きくて何が問題かと言えば、オシャレしても決まらない事です。 まずはパンツがカッコよくはけない事です。ヒップに合わせてパンツを 買わなければいけませんからサイズ感がまるでなっていないのです。 スカートをはいてもタイトスカートなどは恥ずかしくてはけません。 歩くおしりと言われた事もあります。この調子ではどう頑張っても オシャレを楽しむ気持ちに中々なりません。この大きなヒップをいかに隠すか、 どれだけ目立たないようにさせるかに意識が向いてしまうからです。 電車の中や人の目につく所で、あまり後ろ姿を見せたくなくて人がいる方を 必ず向いて立ったりしています。ファッションは丈の長い服やチュニックスタイル でヒップをかくしたりジャケットで隠したり。もちろん、高価な補正下着も 買いましたが、あまり締め付けるとかえって良くないと聞いたりします。 ダイエットをしてヒップ周りのお肉をとろうとも思いましたが、おしりを 小さくするダイエットは難しい気がします。バストから小さくなるので そこはやめて!と思うのですがうまくいきません。他にも身体の中で不満な 所はありますがヒップは一番の問題です。

やれることは、一通りチャレンジしてきたように思います。もう、このヒップと ともに生きて行くしかないのだなと諦めて自信に変えられたらいいと思います。 コンプレックスではありますが、ちょっと小尻努力をしつつ開き直れるように がんばりたいです。

 

立て替えるお金が無い。

今、友人の結婚式の二次会の幹事をしているんだけど、なんせ給料日前だから現金がなくて・・・景品とかはカードが使えるからいいんだけど、おつり用のお金を用意しなくていけなくて、さすがにそれはカードでは無理・・

誰かに借りる訳にもいかないし。お金貸し借りって結局はいざこざの原因とかになってしまうし、家族にもお金のことはいいにくいので、お金を借りることにしました。

二次会が終われば会費も集まるのですぐに返金してもらえるから金利もそれほどまではつかないと思うし。。。

二次会の幹事を頼まれた時、小学校からの友人で、とても結婚をするって聞いたときには嬉しくてすぐにするよって返事をしたのですが、準備や段取りをやりはじめてこんなにも大変なんだと実感しています。まぁ、お金のこともそうだけど、打ち合わせや盛り上がるような進行の仕方やゲーム・・・会費を貰うからにはみんなにも楽しんでもらわないといけないですしね。

あと二週間もないので出来る限り精一杯準備をして新郎新婦を驚かせたい、感動に包めれたらいいなって思っています( *´艸`)

 

脱腸で入院

僕が生まれて初めて手術して入院したのが脱腸でした。22歳ぐらいでなったかと思います。

一般的に脱腸って小さな子供であったりお年寄りの方が鳴るものらしいですが、僕は成人真っ只中の20歳ちょっとぐらいで脱腸になってしまったのです。病院に脱腸を見てもらいに行くのも恥ずかしかったですね。

初の手術も怖かったですが、何とか終わったのでよかったです。下半身麻酔だったので、手術中も起きているわけですし、下半身の手術している場所は、何だかつつかれているというか引っ張られているような感覚がずっとあったので気持ち悪かったですね。

出来れば、全身麻酔で手術中はずっと寝ておきたかったぐらいです。

この時看護士さんにはすごくお世話になりましたね。看護師さんってホントに立派な仕事だなーって思いました。患者さんのお世話をいつも笑顔でこなしているわけですから、僕には到底できる仕事ではないですね。

入院中には特に夜勤の看護師アルバイトで来ていた子にお世話になったかと思います。なかなか夜と蟹眠ることができなかったので、見回りに来てくれるたびに起きていましたからね。

夜中に病室に見回りに来るのも、普通なら恐くないのかなって思っちゃいますよね。

警備員のアルバイト

何かアルバイトをしたいなーと思っています。僕の仕事は定時に間違いなく終わる仕事ですし、土日祝日が休みなので、結構暇な時間が多いんですよね。まあ、給料自体もそんなに高いものではないですけどね。

なので、暇な時間を使ってアルバイトを始めようかなと思っているのです。どうせ暇しているぐらいならばアルバイトをして稼いだ方が時間が有効ですからね。

で、アルバイト情報サイトでいろいろ調べていたんですが、警備員のアルバイトが結構急が高いですよね。→警備員アルバイト

警備員のアルバイトってちょっとハードな感じなので僕にやっていけるかどうかは謎ですけどね。一日中立ち仕事でしょうし、暑い時は暑いし、寒い時は寒いという外の仕事なので、体も丈夫じゃないとできない仕事かもしれませんよね。

しかも、警備員というぐらいですから、何かあった時に対応しないといけないので、度胸とか強さも必要かもしれませんもんね。

夜中にビルと科を警備するのってなんだか怖い感じがするので、昼間にどこかで警備する方が理想ですね。こんな怖がりな僕が出来るのかな…。

保健師の姉

姉は保健師として働いているんですが、保健師は転職には困らないって自慢をされました・・・。何でも保健師の求人はたくさんあって、どこの病院も来てほしいぐらいだから、こちら側が選べる立場ぐらいらしいのです。詳しくかかれているサイトもありました→保健師の求人・募集※効率的に保健師の就職先を見つけよう。

確かに特殊な職種というか、誰にでもできる職業ではなく資格を持っていなければいけませんし、そんなにたくさんの人が持っている資格でもないので、引く手あまたの職業ということなんでしょうね。すごくうらやましいです。

私が転職しようと思えば、そんなにたくさん選ぶことが出来ませんもんね。いいところがあったとしても、そこの会社が私を選ぶかどうかは分かりません。ほかにいい人がいればその人を選ぶでしょうから。

私は資格も何も持ってないし、話し上手なわけでもないので転職はかなり困るんじゃないかと思っています。

私も保健師さんのような何か手に職を持った仕事を最初から考えていればよかったなと思って後悔することはありますね。やはり姉を見ていればかなりうらやましくなってきますからン。

今からでも遅くないから、何か気になるものの資格を取得したり、特殊な職業についてみようかなとも思っています。

転職したい

そろそろ転職をしたいと考えています。今働いているところって、職場の環境がすごく悪いですから。みんなちょっとギスギスしながら働いています。

このような状況でずっとやっていくにはストレスが半端じゃないですからね。

なるべくストレスを少なく働いていきたいと思います。